--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-02

#タイ洪水情報 今日のバンコク画像(11月2日朝、ヤワラー、フアランポーン中央駅付近) #バンコク洪水


こんにちは、ガイヤーンです。

突然ですが、現地バンコクにいますと、情報の確度はさておき色々な情報が入ってきます。

旅行に有益な情報はまた状況が落ち着き次第どんどんとアップしていきますが、

まずは、不気味なくらいゆっくりとしたペースででも確実に中心地に近づいている

バンコク北部の浸水進行状況やアユタヤの現状なども含めてお伝えしていきたいと思います。

さて、今朝の中華街(ヤワラー大通り)とフアランポーン中央駅の付近の様子をご紹介します。


今朝のヤワラーです。名物フカヒレスープや北京ダックを食べに観光客の皆さんや
地元の人々もよく行くバンコクを代表する通りの一つですよね。ガイヤーンも屋台を中心に
良く行く街です。先週末ここが浸水したという日本の報道がされていましたが、今は
このように浸水もしておらず、ほぼ平常通りの町並みです。


バンコクの列車の玄関口であるフアランポーン中央駅もこの通り浸水はしておりません。
また、ここは今年一度も浸水をしておりませんので、比較的安全な地域となります。



ブログをご覧の方も多くがご存知のことと思いますが、例年バンコクではこの時期に浸水が

起こっています。私の写真アルバムを見ると2010年は10月26日に同じく中華街やリバーシティの

あたりで川が一部氾濫し、時間限定的な浸水状態になっていました。

今回、この中華街で起こっている浸水はその水量に多い少ないはあるものの、例年のレベルとあまり

変わりはなく、これをもって「浸水ついに中心部に!」と報道する日本のメディアは少々大げさすぎるかと

思います。しかし、アユタヤやバンコク北部の主要工業団地、そして今日現在カセサート大学や

チェーンワタナ通りを襲っている浸水(冠水)は全く別物であり、北部から大量の水が押し寄せているもの。

時間がたったら引くものではないことを認識する必要があります。

ただ、日本の洪水のような鉄砲水になるようなことは稀であり、足もとから徐々に浸水していくというレベル、

しっかりと避難準備をしていれば、生命の危険までを及ぼすようなものではないようです。

まずは風評被害に巻き込まれず、しかしなお警戒を緩めない体制が必要かと思います。

近くにお住まいの方、どうかお気をつけてください。

以上、ガイヤーンでした。



「頑張れ!タイランド」







現地INFOへ




バリ島お取り寄せ人気NO.1コスメ「エリプスヘアビタミン」はこちら!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

genchibkk

Author:genchibkk
*********************
現地infoブログが
移動しました!


http://www.genchi.info/blog/bangkok/最新情報をチェック!

*********************
厳選ホテル予約など↓
現地infoへ
現地infoウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。