--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-28

#タイ洪水情報/タイ日本大使館から起こりうる感染症についての注意喚起

10月28日下記大使館からのお知らせが出ておりますので、転記します。

---------------------------------------------------------------------------------------
【大使館からのお知らせ】
(2011年10月28日現在)
洪水発生時に起こりうる感染症についての注意喚起
氾濫した水域の水質は、ガソリン等の油、生活排水、さらには糞尿等により
汚染されている可能性があり、感染症等を発するおそれがあります。現在のと
ころ洪水による特定の感染症の流行の報告はありませんが、念のため以下の感
染症に注意するとともに、やむを得ない場合を除き、氾濫した浸水域への立ち
入り・接近は避けるようにしてください。
1.汚水の経口感染によるもの
(1)起こりうる感染症:コレラ、A型肝炎、腸チフス等
(2)予防策:手洗いを励行し、飲食物の摂取には十分注意してください。飲
料にはできる限りボトル水等を利用してください。
2.汚水の皮膚の傷口や粘膜等からの感染によるもの
(1)起こりうる感染症:レプトスピラ症(※下記参照)、結膜炎、破傷風等
(2)予防策:不必要に水の中に入ることなく、皮膚等が汚水に触れた場合は
清潔な水で十分に洗い流してください。破傷風は釘などを踏んだ際の刺し傷で
感染の危険があるので、ワクチンを接種しておくことをすすめます。
3.蚊の発生増加によるもの
(1)起こりうる感染症:デング熱、マラリア等
(2)予防策:特に洪水の水がひいた後には大量発生が予想されますので、蚊
の対策が必要です。
4.その他
(1)起こりうる感染症:インフルエンザ等
(2)予防策:長期化して疲労が蓄積すると免疫力の低下により様々な感染症
にかかりやすくなります。栄養と休養を十分に取るよう心がけてください。
(※)レプトスピラ症:病原体はドブネズミなどの動物の尿中に存在し、汚水
に触れることで皮膚の傷口等から感染します。潜伏期間は5~14日間で、症
状は、発熱、頭痛等の風邪症状に似た軽症型から、黄疸、出血等多彩な症状を
示す重症型まであります。治療には一部の抗生物質が有効なので、正しく診断
される必要があります。なお、タイ全体では例年数千人の患者発生数がありま
す。詳細は以下の国立感染症研究所(日本語)のウェブサイトを参照してください。
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_012/k03_012.html
なお、厚生労働省検疫所 FORTH(日本語)
http://www.forth.go.jp/topics/2011/10181635.html
WHO 世界保健機関(英語)
http://www.who.int/hac/techguidance/ems/flood_cds/en/
のウェブサイトにも、洪水と感染症に関する記載がありますので参考にしてく
ださい。

----------------------------------------------------------------------
http://www.th.emb-japan.go.jp/111028.pdf より引用





現地INFOウェブサイト
現地INFOへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

genchibkk

Author:genchibkk
*********************
現地infoブログが
移動しました!


http://www.genchi.info/blog/bangkok/最新情報をチェック!

*********************
厳選ホテル予約など↓
現地infoへ
現地infoウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。