--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-11-15

現地info 営業終了のお知らせ


ブログをご覧いただいております皆様へ

平素より現地infoの各ブログをご覧いただき
誠にありがとうございます。

現地infoは2016年11月30日をもちまして
旅行商品販売部門を、同グループ会社の
パンダバス・オンライン(http://www.pandabus.com/)

営業統合させていただくこととなりました。

つきましては本ブログ内にあります
現地infoサイトの商品へのリンクはすべて無効となります。
ご不便をおかけいたしますが、
ご理解いただきますようお願い申し上げます。

旅行商品に関しましては引き続き
パンダバス・オンライン(http://www.pandabus.com/)

にてお取り扱いさせていただきます。

尚、今後の詳細に関しましては
現地infoブログ(http://www.genchi.info/blog/home/)
にございますのでご覧ください。

長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。

現地info
スポンサーサイト
2013-10-08

これはもはや文化! タイのニューハーフショー!

ふと思いました。

なぜタイにはニューハーフ(レディボーイ)の方が多いのだろうと。
いろいろ聞いてみた結果、いろんな意見が出てきました。
ざっくりまとめると「女の方がいろいろ生きやすいから」というようなことのようです。
理由は一つじゃないんです。

で、女の人になりたい人が多いから性適合手術も発達して、でまた希望者が増えて
という感じで徐々に増えていったそうです。

とまぁここまでは理解できます。

理解できないのは、じゃあなんでみんな美しいのかっ!!ということです。

だって皆さん綺麗すぎますよ…
(一部例外と思しき方も若干はいらっしゃいますよ。一部。)

タイのミス?コンなんて気が遠くなるほど綺麗です。
本物の女であることが申し訳なくなるくらいです。

スタイルいいし…

ほら、ご覧ください。
超綺麗
タイミスコン

日本のミスコンではこのレベルはなかなかいないですよ?

タイではこのような方々が客室乗務員にも採用されているのだとか。
体格はいいわ、美人だわ、これぞ天職ですよね。世界中で見習うべきです。

そんなタイが世界に誇る文化をこれでもかと堪能できる場所があります!!

ニューハーフショー!!!

現地infoバンコクでは老舗の2ヶ所をご案内中!

①新劇場に移転!カリプソ
カリプソ
最近、バンコク最新注目スポット「アジアティークリバーサイド」内に移転。
ショッピングに食事に非常に便利になりました。
そんな2大人気スポット2ヶ所を盛り込んだ
カリプソ・ニューハーフショーとアジアンティーク散策(往路送迎付き)
を業界最安でご案内。
またいろいろ楽しみたい欲張りな貴方には
古典舞踊付きディナークルーズとニューハーフショーがおススメ。

②大きな劇場で美人が多め!?マンボ
マンボ
バンコク市内からは少し離れますが、その分大きめの劇場で
迫力のあるショーがお楽しみいただけます。
民族舞踊のショーも一緒にお楽しみいただける
ニューハーフ・キャバレーショー<マンボ>送迎&ディナー&タイ古典舞踊付きプランがおススメ。

そして個人的に一番のおススメは

カリプソ&マンゴ 両方鑑賞!!!!

現時点ではまだこちらのコースは無いんですが
将来的にできたらいいのになぁと思う次第であります。

そんなタイならではの「美」を愛でる夜もいいと思うんです。
これぞ文化ですよ。
タイ料理にタイマッサージだけじゃあないっ!ってことを力説して締めたいと思います。

ではでは、皆さまのご参加お待ちしています!!


2013-10-08

koreha

2013-07-18

アメージングタイランドのグランドなセールを御存じですか???

皆さんタイと言えば何を思い出しますか?
というのは前回やりましたね。




今回はアメージング!なタイの裏情報をご紹介。

実は、現在タイでは超大規模バーゲンの真っ最中なんです。

その名も「アメージングタイランド・グランドセール2013」!!

大変仰々しい名前が付いておりますが、こちら「どこどこのショッピングモールが…」というような
小さい規模ではありません。

バンコクのみならず、チェンマイ、プーケット、ハートヤイ(ハジャイ)、ホアヒン、パタヤ、サムイなどの
ショッピングモールやらデパートやらがこぞってバーゲンセールを行うというまさにアメージングなバーゲンです。

その上、期間も決まっています。
今年は6月15日~8月15日と、なんと2ヶ月も!
日本のぱらぱらと始まり1週間ほどでいつの間にか終わってた…というのとは迫力が違います。

この期間中、ハイブランドはもちろんローカルブランドの衣料品や靴・アクセサリーなどいろんなものが大特価。
広告などでも「80%off」を目玉にしているお店が多く見られます。


専用HPまでありますが、ここのTOP画像がすごい。というかありがたい?
タイ バーゲン


その上、動画まで作っちゃう気合いの入れ方。



さて、では初心者の方はどこへ行けば確実にバーゲンに参加できるのか。
おススメエリアはサイアム
BTSサイアム駅下車すぐのエリアに
・サイアムパラゴン
・サイアムセンター
・サイアムスクエア と大型ショッピングモールが立ち並びます。

高級志向の方はおひとつ隣の駅BTSチットロム
高級ホテルが立ち並ぶ中に
・セントラルワールド
・ゲイソンプラザ
・アマリンプラザ
・伊勢丹     などお高めショッピングスポット目白押しです。

図にするとこんな感じ。隣接してますから余裕で歩けます。
エリア

現地infoバンコクでは、ショッピングエリア至近のホテルも数多くご用意。

午前中はツアーで市内観光、終了後に希望のショッピングセンターで解散というのも効率的。


これからバンコクへご出発の方はもちろん、
もし今年は間に合わないという方でも、こちらのバーゲンは来年も再来年もあります!

いろいろな遊び方でバンコクを極めて下さい!




2013-07-08

タイの新しい楽しみ方、発見!

突然ですが、タイと言えば、皆さん何を思い浮かべますか?

タイ料理?


金ぴかの仏像?

象乗り?

ニューハーフのおねえさん?


どれも確かによくある「タイ」ですが、
もっともっとタイをよく知りたい!というヘビーリピーターの方や
ありがちな観光なんておもしろくない!という方に
今回はよくあるパッケージツアーでは味わうことができないスペシャルなプランをご提案!

タイの人が良くする「合掌」(ワイ)

観光スポットの「寺院」(ワット)

早朝の街中で必ず見かける「托鉢僧」(タンブン)

これらはいずれも仏教由来の文化。 

日本でも見かけることはありますが、タイは規模が違います!
タイでは、現在でも国民の95%が信仰しており、生活のそこかしこに仏教思想が根付いています。
日々の行動と信仰が密接につながっており、日本のようななんとなく仏教国とはかなり異なる風景が見られます。

タイ人が尊敬しているものと言えば
<プミポン国王・お釈迦様・僧侶>というのですから国民の信仰心のあつさを感じます。

そんな仏教大国タイをもっとよく知る1日を過ごしてみませんか?

まずは「托鉢体験と早朝寺院」のツアーに参加。
このツアーでは、早朝から街中に出て僧侶に食べ物を渡す「タンブン」体験をしていただきます。
この「タンブン」は日本でいうと「お布施」に当たり、「善いことをすれば善いことが返ってくる」という
思想のもとで行われています。

tanbun.jpg

タンブンで1つ徳を積んだら、気持ちよく朝食へ!
街中を散歩しても解散時間は8時30分!
一日はまだまだこれから。時間はたっぷりあります。

新しい目線で街中散策、寺院参拝なんていかがでしょう。
一度訪れた場所も何か違うものを感じられるかもしれません。

午後は、「日本語ガイドがサポートする瞑想体験」へ。
瞑想もタイでは「徳を積む」為の大切な習慣です。
Wat_Mahathat.jpg
↑こちらの風景で有名なワット・マハタートで体験いただきます。
このツアーでは一度に5名様までお申し込み可能ですので、お友達やグループで参加するのがおススメ。
meisou.jpg
(もちろん1人でガチ瞑想もありです。何かに目覚めるかも…)


終了時間は16時ごろになりますので
夜はまだまだ長いですが早起きしたのでそろそろ眠いかもしれません!?



せっかくのバンコク滞在、ちょっと変わった体験をしてみるのもいいかもしれませんよ!

tag : バンコク 仏教 体験

プロフィール

genchibkk

Author:genchibkk
*********************
現地infoブログが
移動しました!


http://www.genchi.info/blog/bangkok/最新情報をチェック!

*********************
厳選ホテル予約など↓
現地infoへ
現地infoウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。